メンズ

女性専用の育毛剤ができている┃無添加のものは授乳中でも安心

心配しなくても良い薄毛

髪を気にするレディ

産前産後は髪の毛に影響が

女性は妊娠をすると女性ホルモンの分泌量が急激に増えます。出産に向かって通常よりも女性ホルモンの量が多い状態をキープするのですが、出産後は急激に減少します。もともと女性ホルモンの量はいつも同じというわけではなく、妊娠していなくても多少の変化は見られます。しかし、出産時ほどの大きな影響はなかなかありませんし、通常の範囲内での変化なら髪の毛に影響は現れません。このような大きなホルモンバランスの変化により引き起こされるのが薄毛です。抜け毛を発見するとストレスになって更に薄毛を引き起こすという悪循環に陥りがちですが、ホルモンバランスが落ち着いてくれば自然に発毛しますので、それほど心配する必要はありません。

薄毛になるメカニズム

妊娠・出産を経て薄毛になるのは、出産をすると女性ホルモンが減少して長く続いていた髪の毛の成長期が終わりを迎えるからです。妊娠中は通常なら抜け落ちる時期にきても大量に分泌されている女性ホルモンの影響で成長を続けます。それが出産と同時に減少すると一気に抜け落ちますので、薄毛が気になる人が出てきます。ただし、これは一時的な現象ですので放っておいても発毛することがほとんどです。なかなか発毛が見られない場合には何か別の要因が隠れていることもあります。例えば、ストレスによって血流が悪くなって毛母細胞の働きに必要な栄養素が届けられていなかったり、頭皮が荒れてしまって健康な髪の毛が育ちにくくなるケースもあります。いずれにしても問題となっている部分を解消すれば発毛します。